SAA 【仕事の悟り】
SAA理念「仕事を通して、多様な価値観を統合・融合させ、更なる発展を目指す」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≪10≫天命に生きる
■天命に生きるとは

天命とは何か?
自分の天命とは何か?
天命が与えられるとしたら、いつ、どのように…?

天命という言葉の意味を、自分なりに考え続けてきた。
そして、気付いたこと…

◆1◆****************************

   天命は、自ら引き寄せ、具現化していくもの。
 
*******************************

天命は、
天から降ってくるのを待つのではなく
自ら引き寄せ、具現化していくもの。
努力に応じた天命が開かれていく。

それは、まるでゲームのようだ。
設定されたそれぞれのステージで、ポイントを獲得する。
その、ポイントに応じたエネルギー、獲得した武器を手に
新たなステージで戦う。

現在、どのようにポイントを重ねたかによって、
次のステージの戦いが変わる。

自分に相応しくないといって手抜きをしていた者からは、
勝利の女神は遠ざかる。

天命とは分断されたファイナルステージにだけあるのではなく、
現在・只今の自分が引き寄せてくる。

そういった意味では、「全て」が「天命の構成要因」であるといえる。

◆2◆****************************

  天命に生きる人は、不退転でなければならない。

*******************************

私は以前、
天命が与えられているものならば、
天のご加護により、
思うがまま夢が実現するはずだ、

と思っていた。

しかし、これは「天命をいただく者の驕り」である。
たとえ天の意を受け、使命を果たすものであったとしても、
この世の努力なしに道は開けない。

いや、むしろ、地上での実現が困難であるからこそ、
天のご加護が必要なのであり、
自分達の力で楽々問題を解決できるなら、
「天命」と名づける必要もないのだ。

天命に生きる者は、堅忍不抜の精神で生き抜かなくてはならない。


◆3◆****************************

天命に生きるものは、柔和かつ柔軟でなければならない。

*******************************

真剣に、天命に生きるがあまり、
意思が意固地となり、他の人を傷つける岩石の塊となってはいけない。

また、人の顔がそれぞれ違うように、人には十人十色の天命がある。

他の人も自らの天命を生きている、生きようと努力していることを肯定し、
お互いに尊重しあわなくてはならない。

自分と同じ生き方を望むのではなく、
誰かの生き方を真似するのでもなく、
皆が互いにオリジナルの天命を生きている。
皆が、「自分らしく生きる」ことを求めている。

しからば、一つ上の視点に立ち、個性を尊重しつつも大調和する
『統合観』を持たねばならない。
そして、その統合観を持つからこそ、
お互いの個性が理解し合え、
融合し、
柔軟な活動が可能となる。

そして、その悟りの証が、柔和かつ柔軟な姿となって現れる。
明るさとリラックスという言葉に置き換えても良い。

それは、あらゆる分野で「道を究めた人」の特徴でもあるのだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2006 ブログの素材屋さん all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。