FC2ブログ
SAA 【仕事の悟り】
SAA理念「仕事を通して、多様な価値観を統合・融合させ、更なる発展を目指す」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≪11≫ 変化する瞬間に、幸福が姿を現す
■変化する瞬間に、幸福が姿を現す


幸福とは何であるのか?
満足と幸福の違いは どこにあるのか?
今までの人生を振り返って、ふと気付いたこと、それは…

 ⇒『幸福は、変化する瞬間に感じる』ということ

例えば、

・毎日「愛に生きている」としよう。
 愛という世界で満ち足りている…これも一つの幸福であるかもしれない。

 しかし、その愛あふれる生活から、「ああ、単に愛するだけでなく、こう
 すれば、相手の能力も伸びるんだな!」と発見し、「知恵」を得た瞬間、
 パッと辺りが明るくなるような、フレッシュな幸福を感じる。

・また、毎日コツコツ勉強している人は、「知」という世界で満ち足りてい
 るかもしれない。
 努力精進できる、知らないことを知る、ということは、一つの幸福である。

 しかし、その学んだことが、誰かの役に立ったとき、
 自分の学んだ「知」が「愛」に転化したとき、温かく、透明な喜びが胸に
 溢れる。

このように、今までの自分と違う、新たな自分と出会った時、
つまり、自分A⇒自分Bに変化した瞬間、人は、満足を超えた、新鮮な幸福
を実感する。

更に、

・自分の仕事しか見えていなかった人が、
 組織全体の中における、自分の役割の意味を知ったとき…、

・どうしても取り除けなかった難問が、ついにクリアーできたとき…、

・使い物にならないとレッテルを貼っていた部下が、
 仕事の内容によっては生き生きと働くと知ったとき…、

・無愛想なヤツだと毛嫌いしていたけど、
 「意外にいいヤツなんだな」と気付いたとき…、等

このように、自己の能力の拡大したり、認識力が拡大することにより、
自分を取り巻く世界が変わって見えたとき、
つまり、自分Aが自分AAに拡大した瞬間に、
透明なパワーが「ストン」と体に入ってくるような幸福を感じる。

結局、AからBへ、AからAAへと「変化する瞬間」に、透明でフレッシュ
な幸福感が得られる。

この変化の瞬間=拡散、統合により、自分および自分の世界観が変化する瞬間
こそ、「悟り」の瞬間である。

幸福の限りない発展とは、「結合と拡散の発展的上昇」「変化のスパイラル」
にあるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、この変化という幸福の瞬間を、“仕事という時間”を使って最大限に
享受するためには、どんな観法が必要なのか?
そう、それが実は、過去の記事で紹介してきた、【統合観】と【自由観】なのである。

・自分の立場として、もう一段高い認識力を持とうと努力すること。

・新たな自分を創り、いっそう広い認識力を持とうと努力すること。

・そして、自分以外の立場―――部下の立場、社長の立場、顧客の立場、
 企業全体の社会における立場、競争相手や業界の立場、国家の立場、
 地球規模の繁栄を実現する立場…など、自由自在に認識の拠点を移動させ
 ようと努力すること…。

これらは、仕事において、「変化する幸福」を享受する方法であり、
仕事というキッカケがあるからこそ取組める、悟りの課題である。

そう、仕事を通して、幸福が発展する姿そのものであるのだ。

そして更に、社員一人ひとりの透明な幸福パワーが結集することにより、
企業という有機体がパワーアップする。
これにより、企業全体の社会への貢献度が高まり、場合によっては新規事業
を増やすこともできる。
この、企業自体の変化による幸福の顕現という視点も大切である。

最後にもう一つ、この企業の発展を機縁として、更に社員の認識も変わると
いう、「企業と個々の社員との相互発展的スパイラル」という視点も、忘れ
ないでおきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回述べた「変化する瞬間に、幸福が姿を現す」は、SAAソフトの柱の一本
である「青春の心を取り戻す」という話につながります。今後も折にふれ、
この「青春の心を取り戻す」というテーマを取り上げて行く予定です。
                            【SAA邦江】 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2006 ブログの素材屋さん all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。