FC2ブログ
SAA 【仕事の悟り】
SAA理念「仕事を通して、多様な価値観を統合・融合させ、更なる発展を目指す」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≪3≫人の時代
■人の時代

今日は「人の時代」というテーマについて考えてみたい。
現在の経済活動を見ると、まだ「モノの時代」の考え方で営まれていると感ずる。

「モノの時代」の終わりを感じ取っている人々は、現在の流れを見て「知性の時代」と呼んでいるが、SAAではもう一歩踏み込んで「人の時代」と呼ぶ。

なぜなら、人間は「知性」のみならず、「感性」「理性」「悟性(認識力・インスピレーションなど)」という、あらゆる能力を総合的に評価されるべきものであるからだ。

「知性の時代」と呼び称されると、悲しいかな人々は「知」のみ求める。人が評価する一方向のみを追い求める傾向があるのだ。
人間の素晴らしさは「知」だけではなく、「愛」や「自分を律する心」でも量られるべきである。

一方向のみを先鋭化させる時代は終わった。
今後、人間の「総合力」を発揮できるよう、時代認識そのものを修正すべきであると提言する。

そう、「人の時代」が始まったのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人の時代」においては、「人の時代」に応じた方法でものごとに対処しなければならない。
例えば、「人の時代」においては、利益(給料)などの「金銭を越えた価値観」で、人々は行動するようになる。

その価値観とは何か?

それは、「自己表現」、「自己発揮」、つまり「自己の顕示」「自己の存在そのものの提供」を求める。
そして、その表現した自己が「役に立っている」と実感するとき、その自己表現に対し「価格」をつけていく。

たとえば、HPやblog、フリーウエイソフトなどが、その特徴を示す。また、ボランティア活動もその一つである。
大半の人々は、その内容を無料で公開し、自分の気付きや発見、能力など、まず、自分を披露することに重きを置く。そして、多くの人が求めるもの、共感するものであることを確認する。その中で、次第にその内容にふさわしいものに対し、しかるべき値段がついてくる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうした「人の時代」への移行期にあって、能力あるものたちは、「モノの生産」や「時間」で評価される旧社会に辟易し、「自分自身」「自分の能力」そのものが評価される世界に移行する。

旧社会との接点は、日々の生活に必要な資金を稼ぎ出す為に「利用」するのみで、「心」まで仕事には売り出さない。必要な給料のみを獲得できれば、束縛や責任がなく、できるだけ早く開放されることを望み、「自分の時間」に「自己表現」「自己発揮」にいそしむ。

昨今の起業家で成功している人を見ると、この「自己表現」「自己発揮」と、「仕事」が一致している人であることがわかる。

このような「人の時代」が、すでに始まっていることに気付き、すべてのものがイノベーションしなければならない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった時代の流れの中、企業も「人の時代」」に対応した取組をしなければ、優秀な人材は集まらない。
次回は「人の時代」に対応するため、「魅力ある人材を集めるために必要なこと」について、少し触れてみたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2006 ブログの素材屋さん all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。