SAA 【仕事の悟り】
SAA理念「仕事を通して、多様な価値観を統合・融合させ、更なる発展を目指す」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≪5≫統合観
■統合観:優秀な人材を、上手にコントロールするために必要な考え方



第2号「捨ててこそ見えるものがある」、、第4号「優秀な人材を惹きつけるには」の中で、企業の有機体理論について少し触れた。今回は、優秀な人材を上手にコントロールするために、管理職および管理職を目指す人にとって必要なものの見方・考え方とは何か、ポイントを述べてみたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

優秀な人とは、優れて秀でる人。つまり、平均値から見ると、飛びぬけている、いわば「異質な存在」である。
企業として優秀な人材は集めたいが、ややもすると、その優秀であるがゆえの扱いにくさというものが出てくる。上司となる人が平均的な人であると、優秀な人を理解できないがゆえに、自分の理解できる枠の中に押さえ込もうとし、その個性を消しこむ方向に指導してしまうからだ。
したがって、優秀な人材を集めて発展したいと望むならば、企業のトップ及び管理職(候補)は、「優秀な人材の扱い方」について、きちんと学んでおかなくてはならない。

SAA(スピリット・アドバイザー・アカデミー)の管理職養成コースでは、その前提として、 「企業の有機体理論」を徹底させる。企業の有機体理論として、一番理解しやすいモデルが、第4号「優秀な人材を惹きつけるには」で紹介した、「人間の手の例え」である。今回も、このモデルで説明してみたい。

手には5本の指と、手のひらという構成要素があるが、優秀な部下とは、親指、人差し指…といった、指の部分であり、その優秀な部下をまとめるのが、管理職である手のひら、とイメージする。

子供の手から、大人の手に成長するように、親指は親指として、人差し指は、人差し指として、各々が太く・長く・強く、その個性を成長させる必要がある。
しかし、其々がいくら成長したからと言って、指一本でできる仕事は限られている。

ところが、それぞれの指が集まって、一つの仕事をするようになると、押したり、引いたり、つかんだり…、色々な仕事が実現する。「指」から「手」の働きに転化することで、格段に機能が高まるのだ。(個人企業における他社との協力関係も含む。)

では、バラバラに動くこともできる優秀な「指」が、「手」としての機能を果たすために必要なものは何か?

その第一点目に大切なこととして、手としての「理念」、「目的・使命」の徹底があげられる。

例えば、「りんごを掴む」などの、手として成し遂げるべき目標があるからこそ、それぞれの指は「手の動きのひとつ」として、まとまることができる。試しに「何の目的も与えていない時」の自分の指の状態を観察してみるとよい。それぞれの指は、自分の一番楽な形に曲がっているはずである。
しかし、ひとたび「目的」を与えると、見事なばかりに、5本の指は、絶妙なる調和、バランスのもと、その目的を成就する。

このように、組織のトータルの成果を最大限ならしめるためには、「手のひら(管理職)および、指の1本1本(部下)が、手(企業・組織)としての目的・目標を明確にし、その目的に向かって各々の力を発揮する」ということが必要だ。

そして、第二点目として必要なことは、「役割の違い・働き方の違いを認めつつ、目的に取組む」ということ、つまり、「その目的を成し遂げるために、指はそれぞれが違った動き方をする」ということを「肯定」することだ。もちろん、「モノをすくう」という動きをするときは、それぞれの指が一方向に向かって同じような動き方をする。しかし、「モノをつかむ」といった動作において、それぞれの指は、全く違ったベクトルで動いている。

例えば、親指からすれば、小指の動きを見ると、「何をちょろちょろしてるんだ!お前は、私の動きとまったく逆のことをしている!ちゃんと方向を修正しろ!」と言いたくなるかもしれない。しかし、リンゴを掴むという動作においては、小指の動きの正しさは、親指と同じ行動をとることではない。リンゴという目的を掴む方向(親指とは逆ベクトル)に働くことにあるのだ。(これは、人だけではなく、経理、人事、営業、企画…といった部門間の理解においても当てはまる。)

このように、自分とは、一見正反対からの働きのようにみえても、それが一つの目的物を掴むという使命に取組んでいるならば、それも一つの「正しい姿」であることを認め、統合させなければならない。

こうして、「指」としての各々の正しさ、自己主張を超え、手全体として「モノを掴んでいる」という統合観で見ることができることが、管理職に必要な要素となってくる。
(⇒この統合観は、「統合観で見よう」と努力することで、次第に認識力が上がってくる。これぞ、「仕事の悟り」の醍醐味であるから、ぜひ、この訓練により、統合観を持った管理職・経営者を目指していただきたい。)

そして、第三点目として、「指」の自己主張より、「手」としての仕事をすることで、自らの能力も、認識力(悟り)も格段にアップするということを肯定することだ。もちろん「指」としての使命に徹するという生き方も一つではある。しかし、人間、生きている限り、必ず他者とのかかわりを持つ。そうした中、ほとんどの人が、周囲から「発展・成長」を期待される。「社会に貢献しよう」と心がける優秀な人ならば、尚更、「管理職への道」を期待される。(「指」⇒「手」⇒…⇒「体全体」⇒…と認識・統合・使命の実現をしていく。)

しかし、優秀であっても管理職に向かない人がいる。この問題の原因は、この「統合観」の必要性を知らないところにある。つまり、自分の「指」としての「正しさ」の中でしか物事が認識できないのだ。
そして、優秀であるがゆえに苦しむ。それも、「なぜ、自分は他の人が理解できないのか」という苦しみではなく、えてして「なぜ、自分が理解されないのか?」と。

しかし、知らなければならない、「問題は、自分の認識力が足りないがゆえに起こっている」。他の人の動きが理解できない。他の人にとっての正しい働き方がわからないがゆえに、他の人を正しい方向に導けない。…ということにあるのだ。

つまり、「自分が立っているステージ、認識すべき世界が変化しているのだ。」「今のステージでは、自らのみ伸ばす考えを捨て、組織全体を活かす道=統合観を持つことが必要なのだ」と知らなければならない。

そして、知ったならば、肯定しなければならない。
「自分の苦しみは、認識力(悟り)をアップさせることで、必ず解決する」と。

自分の過去の枠にしばられるのではなく、仕事によって、今、新たに創り変えられようとしている、新しい自己を肯定することだ。今、仕事を通して、更なる発展(悟り)を目指しているのだ。

山に篭っているだけでは得られない…。仕事をし、人々の中でもまれるからこそ得られる「仕事の悟り」。今回述べた三点は、仕事において悟りを求める手引きでもある。
個人で仕事をしている人も、ぜひ、自分が仕事に関わる縁の中で、統合観を持つ訓練をしてみていただきたい。

この統合観を前提として、企業の有機体理論は、現実のものとして活動を始めるのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2006 ブログの素材屋さん all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。